八王子市 | 自律神経失調症 うつ パニック障害専門整体院です。原因不明の症状でお困りの方が多くいらっしゃっています

うつ・パニック障害・お薬を減らしたい・落ち込み・やる気のなさ・だるさ・動悸・息苦しさ・病院に行ってもなかなか治らない腰痛や肩こりは、自律神経失調症の専門整体院おかべまで。

ご予約・お問い合わせはこちら042-652-3282診療時間: 9:00~19:00ご予約・お問い合わせの詳細はこちら

お知らせと最新情報

【パニック障害】飲み込みずらさと息苦しさの治し方


自律神経の乱れから息苦しさや呑み込みづらさがでることも

喉が苦しいくて物が飲み込みにくい、
ひどい時にはつばも飲めないとおっしゃる方が
当院に多く来ます。

自律神経の乱れが原因のパニック障害かもしれません。
【パニック障害は治るの?お客様の声】

〇自律神経の一つ交感神経が強くなりすぎて
 しまうことで症状が出てくる

本来なら自律神経は交感神経と副交感神経の二つからなり、

交感神経はばりばり働く戦士の神経だとすると
副交感神経はゆっくりリラックスの神経です。

その二つの神経がバランス取れて切り替わることが
できなくなり、交感神経優位になると以下の症状が起きます。

〇激しい動悸〇汗〇めまい〇ふるえ〇息苦しさなどです。
また、車や電車、人込みに入ることが極端に苦手になります。

どうしてこんなことが起きるのかというと、
神経が戦士のように「戦いモード」なので
すぐに戦うことと逃げる準備をしているのです。

いつ襲われるかわからない、すぐに逃げられるように
するんだと身構えているのでいつも緊張状態なのです。

電車や車のような狭い場所にいては逃げられないので
体が拒否反応を起こしているのです。

〇治す方法の一つは、
【自律神経の働きを通常に戻すこと】

おかべはこの自律神経の乱れを通常にもどす整体を
行っています。

骨格のゆがみや、筋肉の過剰な張り
内臓の機能を向上させることで自律神経を
整わせることができます。

また、カフェインや薬の過剰摂取も原因の一つでも
ありますので整体と同時進行で減らしていくアドバイスも
行っています。

【パニック障害の改善例】もご覧ください。

お知らせの一覧に戻る